横から失礼します

時間だけはある退職者が、ボケ対策にブログをやっています。

軍団考

軍団について考えた話です。

 

 

大宝律令というフォーマット

 以前の記事で、壬申の乱で権力を奪取した天武天皇の政策について書きました。

 

yokositu.hatenablog.com

 

そのポイントは、それ以前の各地の勢力との間の冊封的体制を、大和政権による中央集権的体制への移行を画策していたというものでした。

その体制のフォーマットとして律令制を採用しようとしたのですが、それが最終的に結実するのは、二代後の文武天皇による大宝律令だったわけです。

フォーマットを作っただけでは

 上の記事でも少し書きましたが、大宝律令によってフォーマットは作ったわけですが、それに各地の勢力のすべてが、はい分かりましたと言って組み込まれるというのは考え難いのです。

しかし、歴史上は最終的に大和政権の中央集権的な体制が作られています。

勿論、豊臣秀吉による全国制覇のようなことは起きていません。

では、何があったのでしょう。

「軍団」について考えることで、そのあたりを説明出来るのではないかというのが今回の話になります。

軍団というシステム

 ここで取り上げる「軍団」は、大宝律令で規定された軍事組織で、大和政権が徴兵、維持を行う、地方の政治機構から独立している点にあります。

一般に、それ以前には「国造軍」と呼ばれる中央・地方の豪族が維持している軍事力があったと考えられています。

ところで本ブログでは、「国造」は、冊封的関係にあった各地の勢力に、大和政権が授けたものだと考えています。

 

yokositu.hatenablog.com

 

つまり、「国造軍」は、大和政権のコントロール下にはない軍事力という事になります。

律令制下に組み込まれるという事は、大和政権のコントロール下の軍事力を認めるという事になり、容易に認められないものだったはずです。

どうクリアしたのか

 それをクリアした過程は、次のようなものではなかったかと考えます。

先ず、大和政権の勢力範囲に「軍団」を導入します。

具体的には、畿内紀伊半島、旧九州勢力の勢力範囲といったところでしょうか。

それを一元的に運用することによる軍事力を背景に、周辺の地域から順次体制への参加を交渉、参加した地域での「軍団」の整備、一元的な運用と交渉、を繰り返すことで、全国を体制に組み込んでいったのです。

勿論、ただ軍事的に圧をかけるだけではなく、参加した場合の国司以下の官吏への任命という見返りを提示したと考えられます。

「軍団」は、軍事力の強化と律令制の導入という、一石二鳥のシステムだったのです。

納得しない勢力も

 元々の勢力範囲の周辺から徐々に体制化を進めていったわけですが、当然否とする勢力も出て来ます。

それの大規模なものが、720年の隼人の反乱と724年の蝦夷の反乱という事なのだと思います。

いずれも、大和政権からは遠く、元々冊封的ですらなかったと考えることも出来そうです。

加えて、701年に大宝律令を制定してから、それを全国に展開するのに20年以上かけても、いまだ完遂していなかったという事になります。


 反乱というのは、あくまでも大和政権側の理屈ですよね。


ではでは

前方後円墳と冊封的関係

前方後円墳冊封的関係について考えた話です。

 

 

前方後円墳×可視化テクノロジー

 TVで「デジタル・アイ  新発見続々! 考古学×可視化テクノロジー」という番組を観ました。

題名にもあるように、考古学的な遺物にレーザーやX線などを使用することにより、肉眼では見えない情報を取り出して可視化することが可能になり、新たな発見が生まれているという内容でした。

その中に、前方後円墳をレーザーで計測をして可視化するというものがありました。

ドローンに計測用の機器(3000万円!!)を取り付けて計測します。

この時、特に天皇陵とされている前方後円墳は立ち入りが禁止されているので、上空を飛ぶことはせずに周辺を飛びながら計測するのだそうです。

レーザーによる測量と言えば

 レーザーによる計測(LiDAR技術と言うそうです)と言えば、このブログでも以前の記事でお世話になっています。

計測値を用いて作成される赤色立体地図というものから、卑弥呼の墓について書いています。

 

yokositu.hatenablog.com

 

 

yokositu.hatenablog.com

 

その地形的特徴から宇佐神宮卑弥呼の墓であり、さらにその形状から前方後円墳は、卑弥呼の墓へのオマージュでは無いかと考えました。

今回の発見は

 さてその前方後円墳について、今回の番組で取り上げられた発見は、同時期に造られたものの設計が異なっていたというものでした。

従来の説では、大和政権が各地の権力者に、大和政権への従属の証として大和政権の大王(天皇)の墓の設計図を与え、これに基づいて日本各地に同じような形状の前方後円墳が造られたと考えられています。

これが、大和政権が全国に勢力を伸ばしていったことを示しているというわけです。

しかし今回の研究で、同時期に異なった設計で造られていたという事になれば、これらのことは無かったという事になります。

つまり、大和政権が前方後円墳と共に全国に覇を唱えていったという事はないのです。

冊封的だったと考えれば

 こういたことを基に、研究者は大和政権の性格について、力によって支配するというものではなく、「入りたいやつは入ってや」という緩い部活のようなものだと解説していました。

これは、本ブログで考えている、大和政権とその他の勢力の関係が、支配被支配という関係ではなく、中国と周辺国のような冊封的なものだったという説そのものではないでしょうか。

冊封的な関係を結ぶために畿内使節を送ってきたはずです、その時に見た巨大な大王の墓を見て、その情報を各地に持ち帰った結果が、全国的な前方後円墳の分布になったのです。


 やはり、前方後円墳は一種の流行りものだったのです。


ではでは

天武天皇と日本書紀

天武天皇日本書紀について考えた話です。

 

 

前回の記事と天武天皇

前回の記事では、遣唐使日本書紀編纂の関係について考えました。

 

yokositu.hatenablog.com

 

703年の遣唐使での中国側の対応を受けて、時の権力者藤原不比等が通史の必要性を感じ、編纂を命じたのが『日本書紀』ではないかという話でした。

ところで、一般的に『日本書紀』については、天武天皇が編纂を命じて始まったと考えられています。

703年の遣唐使は、文武天皇の御代の話になります。

つまり、前回の記事の内容では、天武天皇は『日本書紀』には関係ないと言っていることになります。

今回は、天武天皇と『日本書紀』の関係について、改めて見てみたいと思います。

『日本書記』の記述

 天武天皇が『日本書紀』の編纂を指示したとされるのは、その『日本書紀』の天武天王10年に、川島皇子以下12人に対して命じた点を根拠としています。

これが『日本書紀』の編纂を命じたという事であれば、問題も無いのですが、実際にはそうではありません。

そのあたりを確認するために、実際の記述を見てみたいと思います。

「丙戌、天皇御于大極殿、以詔川嶋皇子・忍壁皇子・廣瀬王・竹田王・桑田王・三野王・大錦下上毛野君三千・小錦中忌部連首・小錦下阿曇連稻敷・難波連大形・大山上中臣連大嶋・大山下平群臣子首、令記定帝紀及上古諸事。大嶋・子首、親執筆以錄焉。」

「令記定帝紀及上古諸事」とありますから、『帝紀』と『上古諸事』が対象であり、『日本書紀』でありません。

最も、『帝紀』と『上古諸事』を編纂したものに『日本書紀』という名称を付けたという事も無いとは言えませんが。

一過性の作業だった

それよりも注目すべきは、そのあとの「大嶋・子首、親執筆以錄焉」という記述です。

これは普通に読めば、「大嶋・子首が自ら筆を執って記録した」といった意味になると思われます。

そこで記録されたのは、直前の「令記定帝紀及上古諸事」で定められた内容という事になります。

つまり、「令記定帝紀及上古諸事」は、この時だけで完結した作業だったと考えられます。

この後何十年も続く『日本書紀』の編集作業がこの時始まったわけでは無く、当然天武天皇も『日本書紀』には関係がないことになります。

何を定めたのか

 では「令記定帝紀及上古諸事」で何を定めたのでしょうか。

先ず考えられるのが、壬申の乱で倒した大友皇子の扱いについてではないでしょうか。

もし壬申の乱の時点で大友皇子が即位して天皇天皇という呼び方はまだなく、大王かもしれませんが)となっていれば、天武天皇はそれに弓引いた逆賊となってしまいます。

それを回避するために、大友皇子の即位を無かったことにする修正について定めたわけです。

もう一つ考えられるのは、白村江の戦いの直前に滅ぼした、九州にあった政権の取り扱いについてです。

元をたどれば邪馬台国という同じルーツを持つ九州の政権について、どのように取り扱うかを定めたという事になります。

「上古諸事」とあるので無くはないかとも思いますが、その対象となる期間の長さから考えても、その場で決めるのも困難だと思われ、可能性は低いかもしれません。


それにしても、わざわざ「親執筆以錄焉」と書くという事は、字を書くこと自体が珍しかったのでしょうか。


ではでは

遣唐使と日本書紀

遣唐使日本書紀の関係について考えた話です。

 

 

信じてもらえなかった

 前回の記事では、「大宝律令」後の遣唐使について考えて見ました。

 

yokositu.hatenablog.com

大宝律令」制定によって、大和政権を中心とする国家のシステムを造った上で、白村江の戦い以来の唐との関係を正常化するのを目的として703年に遣唐使を派遣したという話でした。

その結果、特に断交されることもなく、その目的は一応達せられたといってもいいでしょう。

ただ、使者による「日本」という小国が「倭」を併したという話は、中国側に信じてもらえなかったようです。

このことが、「日本書紀」編纂のきっかけになったのではないかというのが、今日の話になります。

日本書紀」については

 「日本書紀」については以前に、当時の実質的な最高権力者である藤原不比等が編纂させたという内容で記事を書きました。

 

yokositu.hatenablog.com

彼が造り上げた権力構造を守るために、文武天皇の即位の正当性を「日本書紀」により示そうとしたのです。

その時に、「史記」を参考に、通史という形を採用したのだと考えました。

目的の一つではあったが

 確かにそういった思惑もあったことは否定出来ないでしょう。

しかし一方でよく考えて見ると、それだけで権力構造を確固たるものに出来るわけでは無い、というのもまた確かでしょう。

つまりそれだけでは、通史を編纂するという動機としては不十分とも言えそうです。

そう考えると703年の遣唐使において、「日本」に関する使節の話を、中国側が信用しなかったという事が、通史を編纂するきっかけになったのかもしれません。

帰国した遣唐使から、中国側の対応について報告を受けた藤原不比等は、ショックを受けたと思われます。

大宝律令」を制定し、律令体制という国家の体制を整えた上で、満を持して遣唐使を派遣したはずです。

その結果が、信用できないという中国側の対応だったわです。

不比等は、「日本」の正当性を示すための通史の必要性を感じて、編纂を命じたのです。

史記」を手本に

 そしてその手本として、「史記」を採用しました。

史記」を手本とすると、必然的に現体制の正当性を示す形になります。

この場合現体制は、遣唐使を派遣した文武天皇という事になります。

現体制の天武天皇は、徳があるからその地位を継承したのだという形で編纂されることになります。

そのため「日本書紀」は、文武天皇の前代持統天皇までが纏められたものとなたのです。

しかしながら、文武天皇が707年に25歳の若さで亡くなってしまい「日本書紀」が間に合わなかったのは、不比等にとっても誤算だったに違いありません。


日本書紀」編纂理由に関する自説の修正案という話でした。


ではでは

大宝律令後の遣唐使

 

大宝律令制定後の遣唐使について考えた話です。

目次

前回の話

 前回の記事では、壬申の乱後について考えてみました。

 

yokositu.hatenablog.com

 

壬申の乱で勝利した天武天皇が目指したのは、それまでの冊封的な各地の勢力との関係を、より中央集権的なものにするというものでなかったかというものでした。

そのために律令制の導入を目指しましたが、在任中には叶わず、最終的にそれがなったのは、2代後の文武天皇によって制定された「大宝律令」だったという話でした。

今回は、その「大宝律令」制定後の遣唐使について考えて見たいと思います。

703年の遣唐使

 「大宝律令」の制定は701年ですが、翌702年には遣唐使を派遣しています。

この遣唐使については、以前の記事で取り上げています。

 

yokositu.hatenablog.com

 

旧唐書」によれば、我が国からの使者は、「倭国」と「日本国」の2つの国から、次のような年に送られたとされています。

倭国
 631年、648年
日本国
 703年、713年、753年、760年、804年、806年、839年

本ブログでは、九州と大和の2つの政権が、白村江の戦い前まで並立していたと考えていますが、上の記述も根拠の一つになっています。

このうちの「日本国」からの703年のものが、大和政権が702年に送ったものと思われます(出発の翌年に到着したわけです)。

大宝律令」の制定により国内の体制が一応整った形になったことから、663年の白村江の戦い以来の唐との関係を正常化するのが目的だった考えられます。

倭国」を併した「日本」

 この703年の時に、「日本国」の使者は初めて「日本」という名称を使ったとされています。

さらに、この「日本」は元々小さな国であったが、「倭国」を併したのだと主張したようです。

これはひょっとしたら、白村江の戦いで唐・新羅連合軍と戦ったのとは別の国だとミスリードしたかったという事なのではないでしょうか。

703年という事は、663年の白村江の戦いから40年経っているわけで、上手く誤魔化せると考えたのかもしれません。

結果的には、中国側に疑われて終わったようですが、特に断交されたということもなかったので、ひとまず目的は果たしたという事でしょうか。

しかし、「倭国」と「日本国」と別項になっているように、中国側には別の国だという事は認識されていたようですが。

唐としては、白村江の戦いで大勝しているわけで、東夷の小国に対して、こちら側が考えるほど大したことだとは思っていなかった、ということなのかもしれません。


 典型的な、「案ずるより産むが易し」だったということでしょうか。


ではでは

壬申の乱後考

壬申の乱以降について考えた話です。

 

 

これまでの記事

 少し前に、壬申の乱について記事を書きました。

 

yokositu.hatenablog.com

 

白村江の戦いで唐・新羅の連合軍に敗れた天智天皇が、その後の連合軍による侵攻に対する恐れを背景に、各地の勢力を兵力として利用しようとします。

大和政権との関係が冊封的なものであった各地の勢力は、結局唐・新羅連合による侵攻も無かったこともあり、そういった天智天皇に反発します。

それに目を付けた後の天武天皇が起こしたのが、壬申の乱だと考えました。

権力は奪取したが

 結果として天武天皇が権力を奪取することになりましたが、かといって従来の冊封的体制を踏襲する気は無かったようです。

権力奪取後の幾つかの出来事を見ると、冊封的体制からより中央集権的な体制への移行を画策していたのではないかと思われるのです。

先ず、政治体制としては、要職に皇族をつけたのが特徴の、皇親政治と呼ばれていますが、実質的には天皇専制の体制で、変革を推し進めることを可能にするものでした。

次に、そのために体制のフォーマットとしてとも考えられる、律令の制定を目指し、即位10年に詔を発しています。

後、細かい話ですが、即位5年に「又外国人欲進仕者、臣連伴造之子及国造子、聽之」とあり、外国人の登用をするように勅しています。

「外国人」について一般的には大和政権の中枢部があった畿内以外の国の人と解釈されていますが、そのまま素直に大和政権以外の冊封的関係にあった別の国の人と考えれば、これも各地の勢力を体制に取り込む政策の一環と取れます。

律令を目指すが

 律令という統治のためのフォーマットを作成し、その体制のなかに各地の勢力を取り込むことを図ったわけですが、どうやら一筋縄ではいかなかったようです。

各地で権力を掌握していた勢力を、軍事的に征服することもなく、天武政権の下に組み入れようとするわけですから、反発も強かったと考えられます。

そのこともあってか、律令の制定は天武天皇の在位中にはならず、次の持統天皇に託されます。

その結果造られたのが「飛鳥浄御原令」です。

ただし、名称を見てわかるように、「律」は無く、「令」のみでした。

律は刑法、令はそれ以外(主に行政法。その他訴訟法や民事法も。)という事ですから、冠位、組織などの器は出来ても、刑法が無く、各勢力に対する強制力は無かったことになります。

抵抗が強かったことがうかがわれます。

最終的には

 結局のところ、天武天皇が目指した体制は、さらに次代の文武天皇の701年に制定された「大宝律令」で初めて実現されたという事になります。

最も、各地の勢力がどこまでこの新たに造られた体制に組み入れられることを是としていたかは分かりません。

そのあたりが、この時代を考えるポイントのような気がしています。


律令」を作ったからよろしくねと言っても、日本全国がそろってはいそうですかとはならないと思うのですが。


ではでは

クフ王ピラミッドの新たに見つかった空間

クフ王ピラミッドの新たに見つかった空間について考えた話です。

 

 

ピラミッドの内部空間

 ギザのピラミッドの内部構造については、しばらく前から日本の研究機関などが、宇宙線を用いてレントゲン写真のように内部を撮影する方法で調べています。

その成果の一環で、これまで大回廊として知られていた構造の上部に、新たに空間らしきものがありそうだと、2017年に報告されました。

これについて本ブログでは、大回廊と同じ機能を持ったものが、上部にもう一つあるのではないかと考えています。

 

yokositu.hatenablog.com

同じ方法で発見されていた別の空間の存在を、マイクロスコープを使って実際に確認したという発表がありました。

新たに見つかった空間

 その新たに発見された空間は、入り口とされている部分の内側に存在しました。

引用元:新たなる謎。ギザの大ピラミッドの部屋の内部に電磁波エネルギーが集められていたことが判明(ロシア研究) : カラパイア

図の1入り口の左側から、6上昇通路と書いてある方向に向かって水平に、何もない空間が存在していることが確認されたという事です。

引用元:「クフ王のピラミッドに隠された空間」を宇宙線で正確にマッピングすることに名古屋大などのチームが成功、スコープによる内部空間の撮影も - GIGAZINE

 

形状としは、縦横2メートル、奥行き9メートルの通路状のものでした。

どこかにつながるということは無く、奥は行き止まりとなっています。

この空間は何なのか

 この空間は何なのでしょうか。

一般的には、ピラミッドはファラオの墓だと考えられています。

そうだとすれば、この通路状の構造は分かりやすいものになります。

墓であるという事は、そこに埋葬される人物(この場合はクフ王)が亡くなってから、その遺体(ミイラ)を運びこむ必要があります。

現在のクフ王のピラミッドには、盗掘のために掘られたものを除き、内部につながる通路は存在しません。

これは盗掘を恐れて、最後に内部に通じる通路を塞いだからだと考えていいでしょう。

つまり、ピラミッドを造った時点では、1入口から。8水平通路や9大回廊につながる通路があったはずなのです。

そして、クフ王が葬られた後で、その途中までを残して塞がれたのだと思われます。

どうしてその一部が残されたのかは分かりませんが(行き止まりを見せることで、間違った場所だと思わせるためでしょうか)。

何も見つかっていない

 という事なんですが、それにしてはクフ王のピラミッドからは、ミイラどころか何も埋葬された証拠は見つかっていません。

本当に墓なのかという事になりますが、そのあたりについては、以前の記事で検討しています。

 

yokositu.hatenablog.com

 

簡単に言うと、現在見つかっている構造を含めてピラミッド全てが巨大なダミーであり、本当の墓室はピラミッドの直下または周辺の地下に隠されているのではないかと考えています。

いまだに発見されていないわけですから、思う壺にはまっているという事でしょうか。


 結構最近だと思っていたのですが、1年以上も前のニュースでした。相変わらず、時の流れは容赦がないですね。


ではでは

国造考

国造について考えた話です。

 

 

国造

 『日本書紀』を見ていると、国造というものが出て来ます。

その実態は、はっきりと分かっているわけでは無いようですが、概ね地域の豪族が支配した領域が国として扱われ、その国の長を意味していると考えられています。

軍事権・裁判権など広い範囲で自治権を認められた、とされているようです。

古くは、神武天皇が、神武東征の論功行賞として、珍彦という人物を倭国造に任じたという記述があります。

その後も、崇神天皇景行天皇成務天皇などの記述に任命の記述が出て来ます。

大和政権による全国平定?

 通常は、こういったことを踏まえて、大和政権が全国を平定して行く活動の中で設置されていったと考えられています。

この考え方について個人的な感想としては、それ以降の時代、特に鎌倉時代以降の幕府と地方の勢力の関係からの類推が剛夫いのではないかと思っています。

幕府のような中央集権的な組織が大和朝廷であり、それが全国を平定する中で各地に設置した行政組織が、国造だというわけです。

全国平定は無かった

 本ブログでは、一般的に考えられているような大和政権による全国平定は、少なくとも白村江の戦いまでは行われていないとの立場を取っています。

それまでは、邪馬台国から分かれた畿内の大和政権と、北部九州の勢力が並立していたと考えます。

そしてそれ以外の地域の勢力との関係は、一種の冊封体制のようなものではなかったかと考えています。

これには、大和政権と九州の勢力が、いずれもその成立、発展の過程で、大陸からの集団の力を取り込んだことで、それ以外の勢力に対して優位性を持ったことが背景にあるというのが、仮設の骨子となります。

その優位性を享受したくて、中国の王朝との間で行われていた、冊封的な関係が形成されたのではないかというわけです。

決して軍事的に各地を平定して行ったわけでは無いのです。

日本書紀』にある、ヤマトタケルを始めとした各地の平定ともとれる記述は、一貫して大和政権が全国に対する覇権を取り続けて来たという建前で造られた歴史書であるために、必要なものだったのでしょう。

勿論、並立する九州の勢力などは無かったことにされているわけです。

国造とはなんだったのか

 以上のように考えると、国造がどういったものか見えてきます。

それは冊封的な関係になった、各地の勢力に与えた「爵号」の一種だったと考えると、納得がいきそうです。

中国に朝貢をして授けられた、「漢委奴国王」や「安東将軍」などの「王」とか「将軍」といったもののようなものということになります。

別に、大和政権が地方に行政機関を設置していったわけでは無く、各地域を支配していた勢力に「国造」という名称を授けただけなのです。

ただ、中国王朝内にも「王」や「将軍」がいたように、大和政権内にも元々「国造」という地位があったはずで、神武朝の倭国造などはこれにあたると思います。


 最終的には全国にかなりの国造がいたようなので、大和政権は大盤振る舞いしたようです。


ではでは

壬申の乱背景考・後編

壬申の乱の背景について考えた話・後編です。

 

 

前編の話

 前編の記事では、壬申の乱の直前までの背景について考えました。

 

yokositu.hatenablog.com

 

乙巳の変で、渡来系を背景とした旧主派と考えられる蘇我氏を排した後の天智天皇は、当時に状況を変えたいとする立場だったと考えました。

その後、百済が滅ぼされたことをきっかけに、九州の勢力を倒します。

そのまま、百済の復興を図りますが、白村江の戦いで一敗地に塗れることになります。

その敗れた相手の唐・新羅連合軍の侵攻を恐れて、大宰、総領、城の防衛施設の造営、近江大津宮への遷都などを行います。

それに見合う兵力の確保のために「庚午年籍」を作った、というのが壬申の乱の起こった当時の状況という事になります。

恐怖から

 上のような動きに対して、各地の勢力がどのように反応したのかが、壬申の乱に関係しているのではないかと考えています。

先ず「庚午年籍」の作成の背景ついては、各地の勢力も程度差こそあれ分かっていたと思われます。

明らかに大和政権への権力集中を許すことになるので、当然反発もあったと思われます。

しかしながら、それを上回る唐・新羅連合軍の侵攻への恐怖があったのではないでしょうか。

そのため、「庚午年籍」の作成や、防衛施設の造成などにも一定の理解を示して協力したのでしょう。

9年経つ間に

 朝鮮半島の白村江で敗れ、そのまま唐・新羅の連合軍が九州から攻め込んでくるのではないかという恐怖から、様々な方策を矢継ぎ早に採り、緊張感をもって待ち受けていたはずです。

その緊張感も、1年経つごとに次第に薄れて来たと考えられます。

そして、「庚午年籍」の完成は、白村江の戦いから7年後の670年です。

その後の『日本書紀』の記述を見る限り、各地から兵力を徴用するというところまではいかなかったようです。

すでに、唐・新羅連合軍の脅威を理由に各地の勢力を動かすことは出来なくなっていたのです。

大和政権への権力集中の試みへの反発も強くなっていったでしょう。

そんな中でその2年後、白村江の戦いから9年後の672年に起きたのが壬申の乱でした。

その流れを見極めた

 その各地の勢力の動向を見極めていたのが、大海人皇子中大兄皇子天武天皇)だったのでしょう。

大友皇子側への援軍は無いと見た上で、乱を起こしたという事になります。

危機感の薄れた各地の勢力の多くは、大和政権内の権力争いに巻き込まれる気は無かったのです。


 皮肉にも、恐れていた唐・新羅連合軍の侵攻が無かったために、天智朝は天武朝にとってかわられることになってしまったのです。


ではでは

壬申の乱背景考・前編

壬申の乱の背景について考えた話・前編です。

 

 

前回の話から

 前回の記事では、壬申の乱の経過とその戦域について考えました。

 

yokositu.hatenablog.com

 

特に、その戦域が畿内と近江にほぼ限定されていること、加えて多くの地域の存在感がほとんどないことから、九州の勢力を倒す前の大和政権は畿内+近江だったのではないかという話でした。

今回は、壬申の乱の背景、特に畿内と近江以外の多くの地域の存在感がほとんどない理由について考えて見たいと思います。

乙巳の変から始まった

 始まりは、乙巳の変だったと思います。

乙巳の変中大兄皇子天智天皇)は、蘇我氏を滅ぼします。

以前の記事でも書きましたが、蘇我氏は渡来系の人々を背景とした一族だったと考えられています。

大和政権は、その渡来系の人々の知識、能力を使って国づくりをしてきたと考えているので、蘇我氏はその体制の維持を望む勢力だったと思われます。

それを倒した天智天皇は、その当時の状況に満足していない立場だったという事になります。

そのことは、その後の九州勢力白村江の戦いまでの流れを見れば、間違い無さそうです。

白村江の戦いで負けて

 百済が滅ぼされたことをきっかけに、九州の勢力を滅ぼし、それまでの二極体制を打ち破ります。

その後、国内の体制をどこまで変えようとしていたのかは分かりませんが、白村江で負けることは考えていなかったはずです。

残念ながら、実際には大敗を喫してしまうわけです。

そのため、その後の体制は、新羅・唐連合軍の侵攻を想定したものへと一気に舵が切られました。

早急に防衛体制を造り上げる必要性が出た来たわけです。

防衛体制に必要なもの

 防衛のために先ず考えられたのが、防衛拠点の構築でした。

そのために造られたのが、大宰、総領、城です。

さらに、都をより内陸で、いざというときに琵琶湖に逃れることの出来る、近江大津宮に移しました。

このように、箱ものは色々と作っていますが、そうなると問題は、それに対応した兵力の確保という事になります。

そのために作られたのが「庚午年籍」だったのかもしれません。

これで、各地から招集できる兵力を見積もることが出来ます。

これが、壬申の乱の起こった当時の状況だったと思われます。

上のようなことだったとして、それに対する各地の勢力の反応がどうだったのかが、壬申の乱に関係していると考えています。


 というところで、次回に続きます。


ではでは

壬申の乱戦場考

壬申の乱の戦場について考えた話です。

 

 

前回の話

 前回の記事は、壬申の乱の開戦についての話でした。

リンク:壬申の乱開戦考

日本書紀』における壬申の乱が開戦するまでの経緯は、大海人皇子天智天皇からの譲位を辞退し、出家の後吉野に下ったにもかかわらず、天皇側に攻める意図が見られたために、兵を挙げたとなっています。

つまり、大海人皇子側が共有の意を示したのにも関わらず、攻められたのでやむを得ず反撃した、という立て付けになっているわけです。

とはいうものの、天智側の行動に対して、打てば響くような挙兵だったことから、実際には最初から大海人皇子側も、やる気満々だったのは明らかだという話でした。

壬申の乱経過

 そんなことで始まった壬申の乱の経過を、簡単に見てみたと思います。

引用元:壬申の乱|関ケ原町歴史民俗学習館

大海人皇子側は、一部難波方面にも進みますが、主力は吉野から北上して直接近江大津宮を目指すのではなく、伊賀、鈴鹿関を経由して、伊勢、美濃の東方面を目指し、不破関に布陣します。

これにより美濃、伊勢、伊賀、熊野等の勢力の協力を得ます。

ところで、美濃は前回の記事で見たように、天智天皇の墓をつくと称して兵を準備していることが、大海人皇子挙兵の重要な根拠だったはずなのですが。

というようなことはあるのですが、この一連の動きで、大海人皇子側は、東側を抑えることになりました。

その後、不破関から侵攻し琵琶湖に沿うように攻めこみ、最後は大友皇子を自殺に追い込み勝利します。

意外と狭い範囲で

 経過を示した上の図を改めて見ると、その戦いが行われた範囲が意外と狭いように思うのですが、どうでしょう。

戦闘はほぼ畿内と近江でしか行われていませんし、それ以外には伊勢と美濃が出てくるだけです。

前回の記事でも書きましたが、大友皇子については、壬申の乱の起こった時に天皇に即位していた可能性があります。

だとすれば、大海人皇子は兵を起こした時点で、天皇に対して反乱を起こしたことになります。

最終的には大海人皇子が勝利したわけで、これは国を2分する出来事だったはずです。

それにしては、上にあげた地域以外は、ほぼ存在感がありません。

東の地域に関しては、大海人皇子側が不破の関を抑えたので、情報を遮断できたと書かれていますが、それにしても乱後にも特に動きが見られません。

西側に至っては、筑紫の大宰府に応援を依頼したが、断られたという話があるだけで、それ以外の地域は全く存在感がありません。

どうして他の地域が出てこないのか

 なぜ他の地域がこれほどまでに出てこないのか。

先ず考えられるのは、乱自体が短期間に収束したから、というのが考えられます。

大海人皇子が挙兵したのが6月24日で、大友皇子が自殺したのが7月23日でその間約1か月です。

この1か月は、確かに長くはないですが、それでも周辺の地域が動くには十分な期間ともいえます。

それでも、周囲の地域の存在感が全くと言っていいほどないことを考えると、もう一つの可能性が出て来ます。

それは、この乱で戦いの行われた、畿内と近江こそが大和政権の勢力範囲だったのではないかというものです。

勿論この時点では、筑紫大宰府も大和政権の勢力下だったのですが、九州の勢力を倒す前の大和政権は畿内+近江だったのではないかと思うのです。


それにしても、西側は見事なまでになんの動きもないんですよね。


ではでは

壬申の乱開戦考

壬申の乱の開戦について考えた話です。

 

 

前回の話

 前回は、壬申の乱前夜の大海人皇子の行動の疑問点についての記事でした。

 

yokositu.hatenablog.com

 

日本書紀』によれば、天智天皇から後継の打診を固辞し、出家した上で吉野に下ったという事になっています。

東宮すなわち皇太子であったとされる大海人皇子が、天皇位を辞退するという謎の行動をとったことになります。

これは、天智天皇かなの話は、実際には大友皇子への後継指名であり、自らの身の危険を感じた大海人皇子が吉野に逃れたのだと考えました。

それを、さも天智天皇からの禅譲を固辞したという、天武系から見ればいい話にしているわけです。

開戦理由

 出家して吉野に下った大海人皇子ですが、翌年には反旗を掲げ壬申の乱を起こすことになります。

その発端について『日本書紀』によると、朝廷が美濃・尾張の二つの国司に、天智天皇の墓を作るための人夫集めさせていたのを、兵を集めているようだと知らせたものがいた、という話になっています。

それを聞いた大海人皇子が、調べさせた結果、どうも本当のようだという事で、挙兵することを決めます。

反応が過敏ではないか

 この話、よく考えると大海人皇子側の反応が、いささか過敏ではないかと思えます。

美濃・尾張で墓造りのために集められている人たちが、兵隊のようだというだけで、別に吉野に向かって進軍してきているわけでも何でもないのです。

上の話の続きとして、知らせた人物の、「これは大事が起こるに違いない」、という意見のようなものがありますが、それにしてもです。

それで様子を見るならともかく、いきなり挙兵するというのは、条件反射にすぎるような気がするのですが。

影法師に驚く

 これは、宮本武蔵宝蔵院流の日観の話に似ているような気がします。

宮本武蔵が、日韓が畑仕事をしている横を通りかかった時に、畑仕事の鎌が自分に向かってくるように感じて、思わず九尺(3メートル弱)あまりも飛んで通り抜けたのです。

それを日観は、「あの殺気は影法師じゃよ。つまり、自分の影法師に驚いて、自分で跳び退いたことになる。」と看破します。

大海人皇子も、やる気満々だったから、美濃、尾張の集団が自らを攻める兵に見えてしまったのです。

やはり美談ではなかった

 やはり、大海人皇子天皇禅譲の固辞と吉野下野は、美談でも何でもなく、『日本書紀』編纂のシナリオに沿った話だったのです。

身の危険を感じ吉野に逃げたものの、折あらばと虎視眈々と狙っていたところに、美濃、尾張の話が飛び込んで来ます。

それに対して、打てば響くように挙兵をしたという事なのでしょう。


 禅譲を蹴って出家した翌年に反乱の挙兵という話は、無理筋ですよね。


ではでは

大海人皇子の行動の謎

大海人皇子の行動について考えた話です。

 

 

後継争い

 大海人皇子は、前回まで見て来た天智天皇の同母弟になります。

その大海人皇子は、天智天皇の亡き後に、その皇子の大友皇子壬申の乱で倒し、天武天皇となります。

こう書くと、ありがちな後継争いという感じがします。

しかし、『日本書紀』でのその記述をみると、奇妙な点もみられます。

今回は、そのあたりを考えて見たいと思います。

後継指名を蹴った

 『日本書紀』の天武天皇紀によると、天智天皇が病床に大海人皇子を呼び、鴻業(天皇の仕事)を託そうとします。

これは実質的に後継指名の意思を示したと取ってもいいでしょう。

それに対して大海人皇子は固辞し、皇后への譲位と大友皇子を皇太子にすることを進言し、自らは出家して功徳を修めると答えました。

天智天皇はそれを聞き入れ、大海人皇子は即日に出家をし吉野に下ります。

皇太子なのに

 このような経緯で大海人皇子は、出家して吉野に下ることになるのですが、この話には奇妙な点があります。

天智天皇の病床に呼ばれた時点で、大海人皇子東宮と書かれています。

東宮というのは皇太子のことです。

という事は、大海人皇子は皇太子でありながら天皇位を蹴ったことになります。

その内容は、自らその任にあらずと考えて身を引いたとも取れる記述となっています。

しかし、現実には、その翌年に壬申の乱を起こしているのです。

そのまま天皇になっても良かったのではないでしょうか。

大友皇子が後継だった

 天智天皇の病床での話は、実際には、後継を大友皇子にするからよろしく頼むという話ではなかったかと思います。

それを聞いて大海人皇子は、身の危険を感じたのでしょう。

このあたりのことが、蘇賀臣安麻侶に「発言に気をつけろ」と密かに伝えられた、という記述に反映されているのかもしれません。

その場で出家することを申し出ることで、身の安全を図ったのだと思います。

そして吉野へ下り、機会をうかがったという事になります。

出家して功徳を修める気など無かったのです。

これも『日本書記』だからか

 これも、やはり徳のない天智系から有徳の天武系への継承というシナリオで造られたものなのではないでしょうか。

大海人皇子は皇太子であったにもかかわらず、大友皇子に後継の地位を奪われることになり、野に下って壬申の乱を起こします。

天智天皇崩御後に、記録はありませんが実際には大友皇子が即位していたのかもしれません(明治時代に弘文天皇を贈られています)。

そうなると、壬申の乱は、単なる後継争いではなく、天皇に対して反旗を翻したものと言うことになります。

大海人皇子は、簒奪者ということになります。

それを、さも天智天皇からの禅譲を固辞したという、天武系から見ればいい話にしているわけです。


 血族が争うと、なかなかに血生臭いですよね。


ではでは

庚午年籍考

庚午年籍について考えた話です。

 

 

最初の戸籍

 「庚午年籍」は、古代日本で最初に造られた戸籍とされています。

日本書紀』の天智9年(670年)二月に「戸籍を造り、盗賊と浮浪とを断ず」との記述があります。

天智9年(670年)が庚午の年であることから、この時造られたものが「庚午年籍」という事のようです。

日本書紀』には上の記述しかないので、天智天皇が「庚午年籍」と呼んだのかどうかは定かではありません。

その後の幾つかの記録の中で、「庚午年籍」という名称が使われている例があるようです。

何が造られたのか

 いずれにしても、戸籍を造ったのは確かなようですが、問題は何の戸籍が造られたかです。

何しろ、二月にいきなり「戸籍を造り」ですよ。

これが全国の戸籍を造ったとするならば、そんなに簡単に出来るのかという疑問が生じます。

これが「作成を命じた」のようなことであれば納得できそうですが、いきなり「造った」というのはどうなんでしょう。

作成を命じても、全国にそれを伝えるだけでも二月が終わりそうです。

しかもその続きが「盗賊と浮浪とを断ず」です。

全国の戸籍を造る目的が、盗賊と浮浪者の取り締まりというのは、ちぐはぐな気もします。

近江大津宮の戸籍?

 という事で、『日本書紀』のこの記述を読んだ時には、これは全国の戸籍などではなく、この三年前に移った近江大津宮の戸籍を造ったのではないかと思ったのです。

であれば、「盗賊と浮浪とを断ず」という記述も、出来たばかりの都の治安を維持するためと考えれば、違和感のないものになります。

最初の戸籍などという大げさなものではないんじゃないかなと、妄想していました。

それなりのものが

 ところが調べてみると、それなりの根拠のあるものでした。

戸籍に関しては、全国的なものがこの後の持統天皇四年(690年)から造られ始めます。

それ以降6年ごとに作成されるようになります。

その造られたものの取り扱いについて、律令の令についての解釈がまとめられた『令義解』に、直近5回分を残すように書かれ、加えて「近江大津宮庚午年籍は廃棄しない」とあるのです。

つまり、「庚午年籍」はその後の全国的な戸籍と同列に扱われ、なおかつ永久保存とされていたという事になります。

近江大津宮だけの戸籍を、永久保存するのは意味がなさそうです。

前回の話と同じ

 実際には、その後の全国的な戸籍と同列に扱われるようなものが造られていたにも関わらず、『日本書紀』での扱いはあまりにもそっけないものと言えるでしょう。

これも、前回の記事で考えた、『日本書紀』を編集した天武系からの天智天皇の不当な取り上げ方の一環なのかもしれません。

 

yokositu.hatenablog.com

 

なぜ永久保存?

 それなりなものが造られたという事のようですが、どうして永久保存なのでしょう。

これについては一般的には、「氏姓を確認する基本資料とされた」ためと考えられています。

始めて纏められたから、最も遡れる基本資料というわけです。

これを、本ブログで採っている、邪馬台国が分裂して大和政権と九州の勢力に分かれたという立場から考えるとどうでしょう。

その九州の勢力を倒したのが天智天皇だと考えています。

という事は、その天智天皇が造った戸籍は、全国的な規模のものだったとすると、初めて旧九州勢力の勢力範囲を網羅したものだったことになります。

これこそが、永久保存とされた理由だったのではないでしょうか。


 とはいいながら、「庚午年籍」は、現在では影も形もなくて確認できないのが残念です。


ではでは

天智天皇考

天智天皇について考えた話です。

 

乙巳の変の勝者

 前々回は、乙巳の変の影響についての話でした。

 

yokositu.hatenablog.com

 

乙巳の変蘇我氏の力が削がれたことが、九州勢力との戦い、ひいては白村江の戦いへと向かう遠因になったのではないかという事でした。

渡来系の勢力との関係が深かったと考えられている蘇我氏は、その関係から、九州の勢力ともパイプをもっていたと考えられます。

それを、乙巳の変蘇我氏が排除されることにより、失ってしまったことが、九州勢力を脅威と考えることになったのではないかというわけです。

その乙巳の変の勝者と言っていいのか、首謀者が中大兄皇子後の天智天皇です。

蘇我氏は穏健派

 ところで、乙巳の変で敗れ去った蘇我氏ですが、上にも書いたように渡来系の勢力と関係が深かかったと考えられています。

本ブログでは、大和政権が渡来系の勢力を国づくりに採り入れるりいれることにより、その優位性を確立したと考えています。

その渡来系の勢力と関係性が深かった蘇我氏は、権力を握った時点では、どちらかと言えば現状肯定的な穏健派であったと思われます。

それまで国を発展させてきた状況に上手く乗って来ているわけで、それを自ら否定するという事は考えにくいですから。

天智天皇は急進派?

 その蘇我氏を排除したという事ですから、その首謀者の天智天皇は、現状否定の急進派という事になります。

確かに、その後の出来事を見ていると、そうなのかもと思わせるものはあります。

百済からの要請に基づいて、いきなり九州へ侵攻をしていますし、その後白村江の戦いまで一気に突き進みわけですから。

ここまで見ると、急進的な現状否定のように思えます。

そのために、穏健路線の蘇我氏が邪魔だったから乙巳の変で排除したように見えます。

白村江の戦いで敗れた後は

 しかし、白村江の戦いに敗れた後はそうでもなくなります。

各地に大宰や城を造るとともに、都を近江大津宮に移します。

特に近江大津宮については、現在の大津市で琵琶湖の沿岸に位置し、明らかに攻められた時に水上に逃げることを意図していると考えられます。

つまり、唐、新羅の連合軍がせめて来ることへの対応がメインという事になります。

この対応を見ると、とにかく蘇我氏を排除たかっただけで、その後のことはあまり考えていなかったとも言えそうです。

たまたまその直後に百済が滅んでしまったために、白村江の戦いまで突っ走ってしまったのかもしれません。

日本書紀』の記述なので

 こう見てくると、天智天皇は勢いで白村江の戦いに負けてしまっただけの天皇のように見えます。

ただし、これは『日本書紀』の記述によるものだという事を考える必要もあります。

日本書紀』は、天智天皇のあとを受けた、天武天皇持統天皇2代の記述で終わりますが、持統天皇から文武天王への禅譲がその最後を飾ります。

明らかに天武系の天皇の正当性を示すのが、編纂された目的の一つだったわけです。

そのため、その天武系の前の天智天皇の取り上げ方が厳しくなったという可能性も排除できません。

天智天皇は徳が無かったが、それを継いだ天武系はこんなに優れているというわけです。


 乙巳の変を見ても、ここ一番の決断力はあったと思うのですが。


ではでは