横から失礼します

時間だけはある退職者が、ボケ対策にブログをやっています。

明智光秀も時代の子

 明智光秀も時代の子だっただけではないかと言う話です。

 

 

麒麟がくる

 今年の大河ドラマが、明智光秀が主人公の「麒麟がくる」という事で、そのクライマックスとも言える、「本能寺の変」について、見聞きすることが多くなったような気がします。

当然、なぜ光秀が、謀反して信長を討つようなことをして、「裏切り者」とよばれるようになったのか、という内容が多いです。

それに対して、怨念説、黒幕説等様々な説が唱えられています。
中には、光秀が主犯ではないというものまであります。

どうして、ここまで謀反を問題にされ、さらには「裏切り者」呼ばわりまでされなければいけないのでしょう。

光秀が裏切り者ならば

 その「本能寺の変」で討たれた織田信長は、若い頃に、主家である、尾張守護代清洲織田家を滅ぼした上に、自ら擁立した尾張守護・斯波義銀も追放しています。

光秀を主君の仇として討った、豊臣秀吉も、その後、信長の孫の三法師を主君として担ぐが、ご存知のように最終的には、豊臣政権を樹立しています。

その秀吉から、後継者秀頼を、五大老の一人として支えるように頼まれた徳川家康も、大阪夏の陣で、秀頼を自害に追い込んで、自らの政権を確立しています。

という事で、光秀の引き起こした「本能寺の変」も、三英傑が行った事と、それほど掛け離れていた訳ではないのです。
違いと言えば、一夜のうちに、主家の当主と嫡男を、いずれも自害に追い込むといった、劇的な展開であった点だけだとも言えます。

光秀も時代の子

 光秀が、「本能寺の変」で、主君信長に対して謀反をした事をもって、「裏切り者」呼ばわりされるのであれば、三英傑も「裏切り者」と呼ばなければならないですよね。

彼らが行ったことに対して、怨念が有ったからとか、黒幕がいたとかいった話は聞いたことが有りません。

農民出身の人間が、天下を取ることが出来るのが戦国時代です。
天下を狙う事が、そのための下剋上が、荒唐無稽な話では無い時代だったのです。

光秀も、その時代の、いわば常識に従って行動をしただけなのではないでしょうか。

千載一遇のチャンス

 当主の信長と、後継者の信忠が同時に京都に滞在し、警備も薄い、しかも自らは兵の準備が出来ており、出兵の理由も有るという、千載一遇のチャンスを前にした時に、ここが勝負の時だと思ったという事ではないでしょうか。

怨念とか、朝廷との関係、四国長宗我部との関係のような、これまで原因ではないかと考えられてきた事が、決断の後押しをしたという事も有ったかもしれませんが、主たる理由は、光秀も、戦国時代の常識の下で生きていた武将の一人だったという事だったのだと思います。
常に頭の何処かに、天下を取るという事が、あったのでしょう。

それが、裏切り者扱いされることになったのは、ひとえに、「三日天下」とも呼ばれている程すぐに、秀吉に討たれてしまったからでしょう。
歴史は、常に勝者のものな訳です。


 もう少し、彼の天下が長ければ、三英傑の一人は彼だったかもしれません。

麒麟かどうかはわかりませんけど。

 

ではでは